トライデントジム(TRYDENTGYM) 名前の由来

トライデント(trident)とはギリシャ神話の海神ポセイドンや、インド神話の破壊を司るシヴァ神が持つと云われている武器『三叉槍』、日本でも仏像や修行者が持つ『三鈷杵』などを英語でトライデント(trident)と言います。

 

3つの先端を持ち、邪を祓う武器にあやかり、格闘技・武道にとって最も大切な『心技体』を1つの力に出来る、そしてその力を武器として、社会やスポーツの世界で活躍できる、そんな人間形成を目指す人を、応援する場所にしようとジム名にしました。

 

スペルがTriからTryに代わっているのは、敷居が高い、馴染みが無い、と敬遠されがちな格闘技・武道を、気軽にまずはやってみよう(Try)、そして挑戦(Try)する人を応援したいという代表の想いから、スペルを変更した造語となりました。